物欲と散財と。



2005年 06月 11日 ( 1 )


Pentium in Mac

>少し前の話題でアレですが,AppleがWWDCでIntel製CPUを採用すると発表しましたが。

この中身について少し考えてみたんですが,あちこちで書かれているとおり私もPentium-Mが欲しかったからだと思います。AMDでなくIntelを選んだ理由。

・ノート向けの低発熱/高効率CPUが欲しい
・PC向けCPUの長期的なロードマップが合致

が理由かなと。AMDはサーバ向けにOpteronを持ってるけど,モバイル向けの低電力/高効率プロセッサというと(少なくとも現状は)Pentium-Mしか選択肢がないので,多少デスクトップ向けのパフォーマンスが低く,高発熱なPentium4というネガティブファクターがあるにせよ,それを補って余りあるPentium-M系の魅力があったんだろうなと思います。

PowerMacにG5が載り,iMacにもG5が載ったのに,PowerBookには未だに前アーキテクチャのG4が搭載去れ続けているという,ある意味ノートの進化が停滞していたのと,今後IBMのPC向けプロセッサへの開発リソース投入に期待ができないため,Appleからしてみれば,ギリギリまで遅らせた末の選択だったと感じました。

あと,懸念点。今の時点ではなんとも言えませんが,チップセットはどうするのかが気になります。Intel製のスタンダードなチップセットをそのまま使うのか,Intelのカスタム品を使うのか。チップセットまでスタンダードのまま使うと,ROM解読されてApple以外のx86マシンでも動くようになってしまう可能性が高そう。

まあ実物が出てくるのを期待して待つかなー。Petnium-M系のiBookとか超期待 (*´~`)
[PR]
by white_mute | 2005-06-11 00:12 | その他


おはようからおやすみまで
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧