物欲と散財と。



P6T Deluxeをteamingしてみた

せっかくGS108Aを買ったので、P6T Deluxeでteamingの設定をしてみました。

Marvell88E8056が2つ搭載されているんですが、ASUSのWebサイト(Grobalサイト、JPサイト)にはteamingの事は特に記載されていません。
まあGoogle先生に聞いてみると、とりあえずMarvellのツールを入れたらOKっぽいのでトライ。

MarvellのDownloadからINFドライバとNetwork Control Utility for Aggregation and VLANsをダウンロード。

以下デバイスマネージャでの操作です。

元から入れている88E8056のドライバを削除→「ハードウェア変更のスキャン」で88E8056のドライバ要求ウィンドウを表示→ダウンロードしたドライバを指定。

2つの88E8956に対してドライバ更新後、Network Control Utilityをsetup.exeからインストール。

NCUのインストール後、どちらかの88E8056のプロパティを開くと、プロパティに色々とタブが増えるので、「teaming」タブから「Create New Team」でteamingしたい束に名前をつけてOKを押す。
Teaming ModeはDynamicだとIPアドレスが取れなかったのでStaticにしました。

これでプロパティを閉じて、もう片方の88E8056のプロパティを開き、「Add new Team」を押し、作っておいたTeamを選択。成功するとTEAM : チーム名に追加されます。

a0020966_115525.jpg

今見たら名前を打ち間違えてた('A`)

まあこれでteamingが設定できました。
できたところで気になっているLAN帯域のチェックをしてみました。
テストファイルは22GBの撮りっぱなしのPV4 DVデータ。こいつをサーバからP6T DeluxeのST3146356SSへ転送。いつものエンコード手順です('A`)

Max55MB/sで変化ないのは予想通り。意外な事に15MB/sへの落ち込みはなくなりました。これは送り側(サーバのnVIDIAアダプタ)の問題と思っていたからちょっと腑に落ちない。
ただ、転送量が10GBを超えたあたりから転送したデータ量に応じて帯域が減っていくようになりました。これも腑に落ちない現象。

感触としてはteaming化前と対して変わらない感じでした。まあ送り側のアダプタが変化していないので当然でしょうが・・・

あと、副作用でteaming化後は何故かFirefoxのレンダリングが速くなりました。レイテンシが短くなったんでしょうか。Firefoxの設定はキャッシュをRAM Diskに移している他は全く素の状態なんですが・・・

結論:Intel Pro/1000PT Desktop Adapterはとりあえず1枚買って様子見? それともサーバにPro/1000PT Dual Port Server Adapterを挿す?
[PR]
by white_mute | 2009-02-17 01:17 | その他
<< Mac OS XとMicros... GS108Aが届きました。 >>


おはようからおやすみまで
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧