物欲と散財と。



<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


a0020966_23222425.jpg

久しぶりにサンライズエクスプレスに乗車。
今回はシングルデラックスにしました。
明日の朝日が楽しみです。
[PR]
by white_mute | 2008-12-28 23:22 | 携帯

a0020966_21211515.jpg

磯子から始発に乗ったらウラ141が来た。
もう京浜東北線は83編成のほぼ半分がE233になったのか…早いものだな…
[PR]
by white_mute | 2008-12-28 21:21 | 携帯

Core i7 920のつづき。

Core i7 920を買って設定を弄ってみましたが,なんとか冬季限定では4GHzで常用できそうです。

■CPU :i7 920
■ロット :3838A661
■産地 :Costa Rica
■購入日、店舗 :TSUKUMO eX.
■CPUFAN :ThermalLight HR-01 + LGA1366 Bolt Thru Kit
■熱伝導媒体:ワイドワーク銀グリス
■電源 :ENERMAX EMD525AWT
■M/B :ASUS P6T-Deluxe
■BIOS :1003
■動作クロック :4000Mhz
■FSB :200
■CPU倍率 :Auto(20倍)
■QPI :3600
■Vcore :1.425V
■Vdimm :1.5V
■メモリ :G.Skill F3-12800CL9T-6GBNQ
■メモリ倍率 :8
■DRAM Frequency :1600
■DRAM Timing :9-9-9-21
■HTの有無:無し
■ケース :Antec Hine-Hundred AB
■負荷テスト:sp2004

<その他構成>
HDD:Seagate Cheetah 15k.6 ST314356SS
HDD:Seagate Barracuda 7200.xx
VGA:GeForce 7800GT 256MB
OS:Windows XP Pro
900のケースファンは全てM設定

a0020966_23215544.jpg


今回新しく買ったパーツはCore i7 920,P6T-Deluxe,F3-12800CL9T-6GBNQ,LGA1366 Bolt Thru Kit,ST314356SS。後はE7300 + P5K-Eの環境からそのまま移行。

3.6GHzだとVcore=1.25Vで動作するのに4GHzだとVcore=1.4Vでも落ちる。このへんのFreq vs Vcore特性はE7300の時も同じだったので,Intel 45nmプロセスの特性なような感じがします。

Vcore=1.400V、HT=ON、200x20=4GHzは起動はしますがTXで負荷をかけると2、3秒ほどで90度を越えてリブートがかかりました。熱で落ちたんだろうなあ。ワットチェッカー値は360Wくらいを示していました。
   HT=ONにしてもそれほど恩恵がない事(32bit OSなのでエンコードを並列で回すとスレッド数よりメインメモリ容量が制約を受ける・・・)と,発熱量の増加がやばいのでHT=OFFで常用する事にしました。

Vcore=1.400V、HT=OFF、200x20=4GHzだと3分くらいでリブート。ワットチェッカーは330W。
Vcore=1.425V、HT=OFF、200x20=4GHzだとsp2004が1ループ通りました。ワットチェッカーは340W。コアは80度近辺まで上昇して安定してるので、おそらくこの設定では熱も動作も安定しそうです。

システム全体の消費電力は、1.425Vでの動画エンコード時に(タスクマネージャで読んだCPU使用率は1本で33%程度)285W、アイドル時は EISTが効いて2.4GHzにクロックダウンするので140Wくらいです。クアッドコアであることを考えるとアイドル時はがんばっているなという印象。 Phenom 9350e(Vcore=1.0V)+ AMD 780G + HDD6台のシステムでも140Wですけど。

空冷常用の落としどころは1.25V、HT=ON、3.6GHzだろうけど180x20でEIST=ONにするか200x18でEIST=OFFにするかの選択で迷います。
P6T- Deluxeは(というかBloomfieldの仕様?)CPU偏倍率を固定にするとEISTが効かなくなるので悩みどころ。E7300 + P5K-Eの時は偏倍率を9倍にしてもちゃんとEISTが働いていたのに・・・Nehalemの仕様なのかBIOSが熟成されていないからなのか・・・

ちなみにBCLK=200、CPU倍率=15に固定してアンコア/DRAMの検証をした結果は、QPI/DRAM Core Voltage = 1.300VでBCLK=200、QPI=7.2GHz、メモリ1600MHzで問題なく動作しました。QPIが早いので心配でしたが耐性はあるようです。
memtestは4ループでストップさせましたがエラーなし。sp2004も1ループでエラーなしでした。BCLK=200MHzまでしか試していませんが,200MHzまでだとアンコア部分は割りと扱いやすい印象です。

こりゃ噂通りな内容でC1 steppingが出るんなら買い替えないと駄目かも・・・E7300に続いてi7 920も4GHz常用は夢になりそうです。どっちみちUSB 3.0とSATA/6Gbpsがサポートされたらまたマザーごと入れ替えですけどね。
[PR]
by white_mute | 2008-12-23 23:22 | 欲しい物・散財

Core i7 920を買ってきた。

なんだかんだ考えてたらやっぱり欲しくなったので買いました。

CPU:Core i7 920
マザー:ASUS P6T-Deluxe
ブートHDD:ST3146356SS
メモリ:G.Skill F3-12800 CL9T-6GBNQをmemoryCから通販。

速いドライブ欲しいなぁ → SSD欲しいなー → でも信頼性がな〜・・・ → 速くて信頼性があるドライブ → エンタープライズ向けHDDしかないよなぁ・・・と考えてたらいつの間にかSAS HDDにしようという結論になっていました。

あとのパーツはCore2Duo E7300の環境から使い回し。半年前に一新したばっかりだし。特にビデオカードが7800GTというアンバランスさ。エンコと軽いネトゲしかしないからいいんですけどね。

メモリが届いたのが月曜で,そこから組み立て開始。
マザーのSASポートにST3146356SSを接続して,SASにWinXPを入れよう・・・とした時に,これMarvellのSASコントローラってXPにドライバ入ってねええ!!と気づきました。というかもっと前に気づけよ・・・ほんとだめな子。

しかもFDDケーブルで繋ぐFDDなんていう過去の遺物はとうの昔に捨ててしまって手持ちにありません。USBのFDDがあったのですがAドライブにエミュレートしてくれないのでドライバを読み込めません。

まいったなぁ・・・と思いながらググったらiLiteなるインストールCDの作成ツールがヒットしました。
こいつを使って,だめ元でMarvell SASのドライバとSP3を一緒に適用させたCDをMacBookで焼いてから(ISOイメージで書き出せるのでMac OSでも焼けます)CDブートさせたらドライバを認識してくれました。これでなんとかSASブートに出来ました。


続きはまた今度。
[PR]
by white_mute | 2008-12-10 02:17 | 欲しい物・散財


おはようからおやすみまで
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧